イベスタTODAY

社会・地域

暴力教師でも免職にならないのは何故?このような“事件”がおこる度に筆者は不思議に思うのだが、何故「懲戒免職」にならないのだろうか? 被害にあったのは、9歳の女子小学生というから3年生か4年生のはずである。 この歳の子供にとって、教師は絶対的な存在であって教師の立場からすると“何でも出来てしまう。”存在である。  この手の“暴力教師”を私が危険だと思うのは、“自己抑制”が効かない人間であるからだ。断定的な言い方をすると反論もあるかもしれないが、昨今の教育現場では「暴力行為」は“禁止”されているはずである。その“禁止”の度合いは、一般社会では“盗みをしない”とか“人を傷つけない”といった犯罪行為と等しいレベルでの“禁止”であるはずだ。  なのに、この教師は“暴力”を振るった。おそらく「キレれてしまった。」のだろう。 2回平手打ちしたうえ、「机や荷物を廊下に出して、下を向いてなき続ける児童を1時間半も怒鳴り続けた」のである。 こんな教師が「懲戒免職」にならないのは、「不思議」以外のなにものでもない。 そして、もっと「不思議」なのは、この手の“事件”が「刑事事件」にならないことである。 どのような「裏事情」があるのかわからないが、一人の「絶対的権限を持った大人」(教師)が「密室である教室で一方的に子供を虐待する。」 このような行為が「刑事事件」にならないのは、不思議だ。 来年から、小学校に進級する息子を持つ身としては、我が子を守るためには「モンスターペアレント」になるしかないと、密かに決意している。
2008/08/06 07:15:46

政治・経済

中国への気遣いの半分でも国民へ向けて欲しい。福田康夫首相という人は、何か中国に対して「負い目」や「借り」があるのだろうか? 「隣の国とは仲良くしなきゃいけない」 と言っていたが、それは「自国民より他国の政府」を大事にするという意味らしい。 こんな人に、何を言っても無駄だとは思うが、せめて、他国(特に中国)に対する気遣いの半分、いや4分の1でもいい、日本国民へ気遣いを示して欲しい。 そういえば、自民党内に「負けると判っている選挙はできない」という意見があるようだが、「負けると判っている」ということは、自分たちが国民に支持されていないという事が判っていると言うことである。要するに、自分たちの政権を維持するために選挙をやらないわけだ。これって、ミャンマーや北朝鮮、ジンバブエなどの独裁政権国家と何が違うのだろうか?
2008/08/13 12:00:56

スポーツ

日本獲得メダル13個!!(16日午前9時現在)柔道で期待の選手が敗退したり、体操でもいくつかの失敗がありましたが、16日午前9時現在でのメダル獲得数が、13個となりました。 内訳は、金:6個、銀:4個、銅:3個 陸上や卓球などまだまだメダルを狙える競技が続きます。 頑張れ!日本! これまでのメダル獲得選手 石井慧 (金) 柔道男子100キロ超級 塚田真希 (銀) 柔道女子78キロ超級 内村航平 (銀) 体操男子個人総合 北島康介 (金) 競泳男子200メートル平泳ぎ 太田雄貴 (銀) フェンシング男子フルーレ個人 上野雅恵 (金) 柔道女子70キロ級 松田丈志 (銅) 競泳男子200メートルバタフライ 谷本歩実 (金) 柔道女子63キロ級 団体日本 (銀) 体操男子団体総合 北島康介 (金) 競泳男子100メートル平泳ぎ 内柴正人 (金) 柔道男子66キロ級 中村美里 (銅) 柔道女子52キロ級 谷亮子 (銅) 柔道女子48キロ級
2008/08/16 09:11:30

海外

ジョン・レノン殺害から28年ジョン・レノンが路上で銃撃されたのが1980年12月8日。 殺人犯はマーク・チャップマン(53)。 マーク・チャップマンはジョンにサインを貰い、ツーショット写真を撮った後、自宅前で待ち伏せし、ジョン・レノンに向け拳銃5発を発砲、殺害した。 日本でも、殺人犯が刑務所から10~20年くらいで出てくるが、「刑期が短すぎる」と思うのは筆者だけだろうか?
2008/08/13 11:47:33

IT&PC

99.5%の人達が腕時計をしている?もう30年近く腕時計をつけたことの無い筆者は、この調査結果に驚いた。 「手首に腕時計をしない」人は全体の0.44%だというのだ。 一日のほとんどをパソコンに向かって過ごす筆者にとって、腕時計は“不要”なので使わないのだが、筆者の同業者にも腕時計を使わない人は多い。 二百人にひとりということは無いと思うのだが...
2008/08/12 14:50:00
イベスタ歌詞とる |  イベスタOnline |  イベント情報 |  イベスタStars |  イベスタMAP |  イベスタ演歌
イベスタについて |  利用規定・免責事項 |  リンクについて |  お問い合わせ
Copyright © 2007 Asuka Promotion Corporation. All Rights reserved.